Cuore Lab.(クオーレ・ラボ) 東京青山の法人向け心理カウンセリング
Cuore Lab.(クオーレ・ラボ)

ログイン

サービス

ストレスチェック
Service

~クオーレ・ラボは実施者専属~
実施から高ストレス者対応までストレスチェック現場経験者が運用
運用のストレスから解放されませんか
ストレスチェックツールはセルフケアに役立つレポートが充実

人事労務担当者様・従業員の皆様
ストレスチェックと聞いて何をイメージしますか

面倒

実施者である産業医が消極的
高ストレス者で面談希望してこない従業員をそのままにしていていいのだろうか

相談の申し出は、会社を通してかららしい

回答の結果を会社が回収しているので不安

過去に何回か実施したけど、目的は何なんだろう

正直、、、
運用担当者がストレス

人事労務担当者の皆様へ
ストレスチェックの運用がストレスとなっていませんか

~クオーレ・ラボは厚労省令が定める実施者専属~

ストレスチェック実施者となっている非常勤産業医は時間が限られていて運用は出来ていない。

貴社選任産業医に『ストレスチェックの実施者にはなれない』と実施者契約部分を断られた。

結局、すべて人事労務担当者が運用。作業ボリュームで正直、担当者がストレス。

通常業務の他、ストレスチェックに係る準備・Q&A対応・受診勧奨・高ストレス者対応、労基署報告書作成、その業務増大に伴う残業代の発生。

制度に守秘義務はあるが、実施事務従事者となっていて、高ストレス者リストが見れてしまう環境にある社内システムが気になる。

結局安価なストレスチェックシステムツールだけ導入して、それ以外の運用の社内人件費部分をトータルで見るとコストが増大していませんか。

管理運用が断然楽でコスト削減へ
Web受検しない理由は何でしょうか

~ペーパーレスストレスチェックのススメ~

ストレスチェック制度目的に基づく運用でしょうか

~プライバシー厳守・高ストレス者の犯人探しではありません~

実施者は厚労省令が定める国家資格者となっています。
貴社選任産業医が実施者となっている会社が多いなか、運用の実態は、実施者の事務作業のアシストをする実施事務従事者を人事が担当し受検結果を見られる状況も多いです。
実施事務従事者に守秘義務は課されているものの、結果の対応を経営層に相談することもあり、受検者である従業員様のプライバシー厳守に支障が生じる可能性もゼロではありません。
実施者が機能していないストレスチェックの内部のみの運用にて、本来の意味をなさないストレスチェックとなっていては本末転倒です。

実施後の対応にお困りではないでしょうか

〜医師面談を希望しない高ストレス者従業員様をそのままにしますか〜

クオーレ・ラボの実施者は精神科名医の下臨床経験を錬磨し、大手企業統括本部にてストレスチェック運用経験、早急に治療が必要かどうか判断が出来る面談のプロです。また、セルフケア(自分でストレスをどう対処するのか)も重要です。クオーレ・ラボのストレスチェックはセルフケア対策アドバイスレポートが充実。過去の個人受検結果データも反映され経年比較が可能です。

ペーパーから運用管理が楽なWeb受検にしたいが
全従業員様のWeb受検が出来る環境にない
実施者・運用方法は変えたくない

もちろん
高機能レポート充実のストレスチェックシステムツールのみご利用可能です。
ヒアリング環境設定のための貴社訪問1回標準装備です。
実施者・実施事務従事者などは貴社にて運用して頂く方法です。

クオーレ・ラボのストレスチェック

~運用のストレスから解放されませんか~

ストレスチェック実施者付きWeb受検ストレスチェック

Web受検ストレスチェックシステム利用のみ

(厚労省令が定める実施者が制度に基づく運用をしていない場合は、お勧め出来ません。)

Web受検ストレスチェックサポートオプションサービス

実施からフォローまで
実施者専属のクオーレ・ラボ
運用もお任せください

その他のサービス

電話でのお問い合わせ

準備中です
電話受付:平日 9:00 〜 17:00

メールでのお問い合わせ

info@cuore-labo.com
メール受付:3営業日以内にご返信いたします。